top of page

タイルメント酢ビボンドW-4N 記録保存の対象から外れます

弊社取り扱いの木工用ボンド(酢ビボンド)につき、重要な告知事項がありますので

株式会社タイルメントからの「厚労省告示371号への対応について」の文章と合わせてご案内します。

前回のご案内からの最新の進捗状況です。


前回ご案内した内容は厚労省告示371号でガン原性物質であるビニルアセタートの含有量が0.1%を以上の場合、作業記録を取り30年間保存しなければならないという内容でした。そしてその対処商品に当社の扱う酢ビボンドタイルメントW-4Nが入っていました。


今回の案内はタイルメントが企業努力を行い、案内にある製品についてビニルアセタートの含有量を減らすことができ、かつ接着効果を維持することができたため当社の扱うW-4Nは”

厚労省告示371にある記録保存”の対象製品から外れますという案内です。

旧商品の在庫もあることから順次切り替えていきますが早くても4月頃には商品の入替えが完了すると思われますので、皆様方には、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。



certificate of compliance
.xlsx
Download XLSX • 115KB

Recent Posts

See All

弊社岐阜営業所における新型コロナウイルス感染者の発生について

12月13日、弊社岐阜営業所勤務の社員1名が新型コロナウイルスに 感染していることが判明いたしました。当社は、関係機関と密に連携を取りながら、 感染拡大を防ぐべく取り組んでまいります。経緯や対応等の詳細は下記の通りです。 今後も弊社は、社内外への感染拡大防止とお取引様と社員の安全確保を最優先に 対応を実施してまいります。お取引先様には多大なるご不便とご迷惑をお掛けいたしますが、 何卒ご理解とご協力

Comments


bottom of page